山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

世界で急激に広がるオミクロン変異

オミクロン変異ーアメリカでも急激に増加(2021年12月21日)

南アフリカで最初に報告されたオミクロン変異ですが、アメリカ疾病対策センターCDCの報告によると、アメリカでも全米で急激に増加し、デルタ株を凌駕しているようです。
図1 アメリカにおける変異株割合の推移
図2 アメリカ地域ごとの変異割合(12月12-18日)
図3 アメリカ地域ごとの変異割合(12月5-11日)
PAGE TOP