山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

京都大学iPS細胞研究所・iPS細胞研究財団

京都大学iPS細胞研究所・iPS細胞研究財団

京都大学iPS細胞研究所およびiPS細胞研究財団では、新型コロナウイルス感染による軽症・中等症・重症から回復したドナーの皆様からiPS細胞を樹立し、無償で国内外の研究者や企業に提供しています。
新型コロナウイルス感染症回復者由来iPS細胞 | 公益財団法人 京都大学iPS細胞研究財団 (cira-foundation.or.jp)

未分化iPS細胞は、そのままでは新型コロナウイルスは感染しませんが、ウイルスの受容体であるACE2遺伝子を導入することにより効率良く感染し、有用な実験系となります。
ACE発現ヒトiPS細胞を用いたSARS-CoV-2感染の個人差再現と原因究明|ニュース|ニュース・イベント|CiRA(サイラ) | 京都大学 iPS細胞研究所 (kyoto-u.ac.jp)

またiPS細胞から分化誘導した、気管支や肺胞の細胞にも、新型コロナウイルスは効率よく感染します(未発表データ)。

これらの研究は京都大学iPS細胞研究所へのご寄付により実施しています。この場をお借りして、寄付者の皆様に心より御礼を申し上げます。
PAGE TOP