山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

異なるワクチンの組み合わせ

アストラゼネカ社製ワクチンとmRNAワクチンの組み合わせ

ワクチンの2回接種では、同じ会社のワクチンを使用することになっています。しかし、海外では異なるワクチンの組み合わせが検討されています。

ドイツから報告されたNature Medicine誌の論文では、1回目にアストラゼネカ社ワクチンを接種したのち、32名は同じものを、55名はファイザー社製のmRNAワクチンを接種しました。その結果、2回目接種後の中和抗体(感染を抑制する抗体)や、新型コロナウイルスを認識するBリンパ球やTリンパ球の数のいずれにおいても、ファイザー社製のワクチンを接種したグループの方が高くなっていました。

スウェーデンから報告されたNew England Journal of Medicine誌の論文においては、1回目はアストラゼネカ社製、2回目として同社もしくはモデルナ社製を用いましたが、やはりモデルナ社製を2回目に用いた方が、高い効果が認められました。


PAGE TOP